株式会社 宮本忠長建築設計事務所 TADANAGA MIYAMOTO ARCHITECT & ASSOCIATES

実績紹介

中軽井沢交流施設(図書館)

中軽井沢駅周辺地域は、長野新幹線の開業に伴い鉄道利用者の減少などから地域活性化への期待が高まっていた。

そこで駅併設の図書館構想と、中軽井沢駅前広場整備、駅南北の円滑な移動と交流を促す自由通路・橋上駅舎の整備を行うこととなり、以下のコンセプトで設計した。

・中軽井沢の固有の歴史・文化性を繋ぐ

・周辺環境と調和し厳しい気候風土に耐える建築

・次世代まで継承される機能的で開放的な施設

・重厚感と透明感を合わせ持つ品格のある建築

・様々な活動を支援する“場”を創る

固有の景観・地域性を建築に内在させることを方法論のひとつと考え、この地域の空気感を、浅間山の眺望と素材、仕上材などの選定と組み合わせに配慮して、このプロジェクトが完成した。

DATA

■所在地:長野県軽井沢町
■竣工年:2013年
■延床面積:2,094.89㎡
■構造:鉄骨造
■階数:地上2階

■㈱トーニチコンサルタントと共同設計