株式会社 宮本忠長建築設計事務所 TADANAGA MIYAMOTO ARCHITECT & ASSOCIATES

実績紹介

特養老人ホーム高瀬荘

北アルプスを望む安曇野の風土に相応しい外観とし、中庭を効果的に設けて自然通風、採光を十分に確保しながら、入居される方が安全かつ快適に屋外へ出やすい平面計画としている。介護度や入居者のニーズに合わせて選択ができるように1床室と4床室を複合、多床室型とユニットケア型の双方の利点を活かした。

入居者にとって温かみと家庭的な雰囲気を大切に、内装は県産材ヒノキなどを用いて木質化すると同時に、施設全体のエネルギー消費量の縮減を図るため、外断熱工法、樹脂サッシ、Low-eペアガラスなどを採用、オール電化による計画的なエネルギー利用を実現し、一次エネルギー換算で、従来の施設より28.8%縮減している。

 

 

DATA

■所在地:長野県池田町
■竣工年:2011年
■延床面積:4,694㎡
■構造:鉄筋コンクリート造
■階数:地上1階