株式会社 宮本忠長建築設計事務所 TADANAGA MIYAMOTO ARCHITECT & ASSOCIATES

実績紹介

朝日村役場

朝日村庁舎は、先祖代々、大切に管理されてきた村内の山林から切り出した様々な樹木でつくられています。構造材はカラマツ集成材と接着重ね梁。内装仕上げ材は村民からの寄付によって集まった様々な樹木を適材適所に各室毎、樹木を張り分けて特徴を持たせています。象徴木のヒノキは樹齢240年。天然唐松、ケヤキは突板合板にし、杉、赤松、栗、檜、唐松は製材して内装の壁板に張られています。地域材の唐松でつくった木製サッシ、外壁T&Tパネルなど、あらゆるところに地域材を用いて、村民が誇りと親しみを感じられる庁舎となっています。

DATA

【建物概要】

■所在地:長野県東筑摩郡朝日村大字古見1555-1

■竣工年(西暦):2018年

■延床面積:2,245.33㎡

■構造:木造

■階数:地上2階建て