株式会社 宮本忠長建築設計事務所 TADANAGA MIYAMOTO ARCHITECT & ASSOCIATES

実績紹介

野尻湖ナウマンゾウ博物館

この事業は「地域と協働する野尻湖ナウマンゾウ博物館構想」から始まり、国の交付金や補助金を利用し、博物館を改修及び増築。

2階にあった受付や売店を1階へ移動。また、新たにカフェや体験ミュージアムを設け、観光客はもちろん、地域住民も集える場とした。

野尻湖観光の窓口としても活用できるよう、カフェ内にある湾曲した壁には野尻湖周辺の昔と今を混合させたユニークなマップが描かれている。

一部家具は廃校となった野尻湖小学校の家具をリペアし、どこか懐かしい空間となっている。

外観正面には版築を模した左官壁となっており、野尻湖の地層を彷彿とさせる。

外部であった大階段は壁で囲むことで展示空間とし、カフェや体験ミュージアムの天井は表わしとし、既存の作業スペースの天井を活用している。

DATA

■所在地:長野県上水内郡信濃町大字野尻字海端287-5

■竣工年(西暦):2018年

■延床面積:1,386.96㎡

■構造:鉄筋コンクリート造+鉄骨造

■階数:地上3階建て