株式会社 宮本忠長建築設計事務所 TADANAGA MIYAMOTO ARCHITECT & ASSOCIATES

実績紹介

小布施町

生活の中で育まれてきた原風景を大切にしながら、新しい文明が創出されている。
「修景の手法」により、新・旧の文化や様々な生活が混在できる環境づくりが図られている。
まちに住む人々が主役であり、まずは自分たちの生活環境を整えながら、外来者(観光)との交流など、ミナで共有できる公益性を重んじた理念= 「ソトはミンナのモノ、ウチはジブン達のモノ」 を基盤としたまちづくりである。

小布施で生まれたこの理念は、ヒト・モノ・コトを通じてまち内外に“感染”し、自発的に公益性を共有しようとするまちづくりの実像である。

DATA

■所在地:長野県小布施町
■竣工年: 1970年代~
■受賞歴:吉田五十八賞(1987)
       毎日芸術賞(1991)
       信毎賞(2004)